艦これ夏イベお疲れ様でした。
というわけで、夏イベ中に発売されたテイルズオブベルセリアをやっとクリアしたのでレビューなど。

前作のテイルズオブゼスティリア(以下TOZ)では色々炎上し未だに鎮まらないほどにテイルズファンをがっかりさせたバンナムから新作が出ました。
僕ももう二度とテイルズ買わないつもりだったけど、公式動画と評判聞いて問題なさそうだったので、今回ダメだったら本気で中古になって1500円とかで買えるまで買わないぞと決めて、事前予約しました。

PS3版とPS4版があったけど、正直テイルズ程度のCGならPS3で充分だと思ったので安い方にしました。
というかPS4持ってないしw


tales


最初に結論だけ書いておくと、「買っても損なし!」です。

オススメかと言われたら、各地の評価見たり公式見て面白そうだなって思ったら買うで良いと思う。
TOZが気になってる人は、とりあえず心配しなくていいので遊んでOK。
キャラなどの総合的な雰囲気が近い作品としてはTOV+TOAだと思う。

戦闘システムはめちゃ楽しい!
TOGf的なSPとかMP使わない、チェインシステムなのでコンボ出し放題で爽快。
TOZのもっさり戦闘やPTメンバー二人しかいなくて寂しい的なことはないです。
戦闘も控えのメンバーと簡単に入れ替え出来たり、4人で戦えるしこれだよこれって感じ。

シナリオもここでは詳細を書かないけど、ある意味キレイにまとまっていて、個人的には評価したいと思う。
道中どうなんだこれって思う部分は多々あるんだけど前作が前作だったから余計に高得点になったと思う。
まぁキャラの一部がTOZに出てくるんだけど、あぁこうしてこうなったんだな・・・って分かる部分もあり面白い。



そんなわけで駄文詳細は以下。



■ストーリーあらすじ的な


TOZの過去の話ということらしいです。
正直、もう再プレイもしたくないTOZに繋げて欲しくないんだけどまぁ珍しく女主人公だったのもあり、あまり期待はせずに開始。

主人公のベルベットは弟思いの優しいお姉さん。
不治の病の弟と村で二人で暮らしているところからスタート。

で、紆余曲折あって、とある事情から喰魔という存在になってしまう。
まぁ簡単に言えば妖怪みたいなもんで、人間とは違う存在。
お姉さんの恋人であったアーサー(アルトリウス)を憎むことになって物語が始まる。

なんていうか、TOVのユーリのようなダークヒーロー(と呼ぶには大げさだけど)的な感じなのだけど、違うのは復讐のためには我が道を行くし、邪魔な敵は蹴散らすし、人も殺すっていう結構終始暗いストーリーです。


■キャラとか

残念ながらTOXのエリーゼとか、TOZのエドナみたいなロリ系の可愛い子は今回いなかった。
隠しキャラで追加されるかなーとか期待してたけどなかった…
一応サブキャラで可愛い子いるけど戦闘に参加しないので惜しかった。

全体的にキャラの年齢層は15~30?くらいの感じ。
公式設定見てないけど、TOVに近いかなー。
結構年齢層、特に精神年齢は高め。

個人的にはこれくらいのほうが色々楽しかったのでバランスは良かった。

・ベルベット

メイン主人公、テイルズ初の女主人公らしい。
TOXミラとかも一応ダブル主人公だった気がしなくもないが・・・。
なんか最近のテイルズはこういう男勝り的な女キャラ出しとけ感が凄いんだけど気のせいかな。
腐女子層が色々うるさいからこうしてる気がしてしょうがない。
ミラ人気だったけどぶっちゃけ俺はミラよりほかキャラのほうが好きだった。

結局、最後まで好きにはなれなかったかな。。。
我が道を行く姿はかっこいいし弟のために活きる姿も良かった。
たまに照れたりするのも良かったけど、やっぱ色々がハチャメチャ過ぎて…。

俺が姉キャラ好きじゃないから余計にそう感じるんだろうけど、そこは好みの問題ってことで。
(ジュードに対するミラもあんま好きじゃなかったし、だからこそTOX2が最高だったのもあるが)


・ライフィセット

何故こんな可愛い子が女の子じゃないんだ・・・いやまぁTOA考えると似たようなもんなのだが。
今回はおねショタ的なものを常に感じてしまってちょっと思うところがあるんだけど、でもこの子はいい子だった。
むしろライフィセット君がいなかったら結構パーティはボロボロだったかも。


・ロクロウ

ベルベットと同じで人間ではない業魔。
剣士なんだけど、最初見た目的にちょっとTOVのレイヴンみたいなおっさんキャラかと思ったけどそうでもなかったw
ワンピースのゾロみたいなお兄さんがいてちょっと色々狙い過ぎかなと思ったけど、壮大な兄弟喧嘩としては面白かった。


・アイゼン

あー、TOZに出てきたドラゴンのお兄ちゃんってこの人かーってちょっと感慨深いものがあった。
TOXの某王様みたいな感じなんだけど、超かっこいい。
こりゃー人気めちゃ出るなって一瞬でわかった。
ホストっぽい見た目、渋い声、真っ直ぐでかっこいい生き方、女の人が描く理想的な悪い系の男って感じ。
でも嫌味がなくて、スタイリッシュで僕も男キャラでは一番好きです。
ライフィセットにとって兄であり、師匠的な存在がすごく良かった。

戦闘は拳+聖隷術で戦う、ちょっと不思議な感じ。
近接キャラだとばかり思ってたけど意外と脆いしなかなか楽しかったw


・エレノア

個人的に今回の女キャラで一番好きかもしれない。
PTメンバーに珍しい人間キャラで、対魔士の子。
公式見てなかったから仲間になると思ってなくてちょっと嬉しかったw

槍使いでTOVのジュディスみたいな感じかなと思っていたら別にエリアル出来るわけでもなくて、無難な性能に落ち着いたw
でも使いやすかったし、範囲攻撃もあるし、秘奥義がカッコよくて、後半はベルベットよりこの子使ってた。


・マギルゥ

キャラとしては一番個性あったし、ネタ要員。
かと思いきや本気でツンデレキャラだったw
一応、エレノアと一緒で人間なんだけど年齢不詳だったりで謎が多い。
辛い過去もちらほら見れるし、後半からのマギルゥの株は爆上がりですよ。
この子のサブエピソードはもっと掘り下げてもいいと思ったよ。

典型的な魔法キャラでもなくて、設置系の技が多かったり癖が強い。
慣れると魔法封じのアレで延々魔法封じ→即席魔法→魔法封じコンボで強すぎる。



キャラ全体としては異例のやんちゃ系メンバー勢揃いっていうテイルズの王道を少し外れた感じがチャレンジし
てる点としては良かったと思う。


■改善したら良かった点

・MAP広すぎ問題&移動速度遅い問題

まぁTOZの時から感じてはいたのだけどMAP広すぎて面倒。
更に道中に光るポイント(採集ポイント)がある&魂集めるポイントがあって前作より面倒になった。
戦闘が楽しいからプラスマイナスゼロだけど、これ戦闘がツマラナイと本気でクソだったと思う。

移動はホバーボードみたいなやつ手に入れると少し楽になるけど正直使わなかったです。
FF7のスノボ的なイメージをするとわかりやすい。
こんなの実装するくらいなら、移動速度アップのアイテムくれw

・戦闘味方AIの改善

もうどうしようもないと思うけど、棒立ち多すぎィ!
相変わらずアホAIだし、今回は回復が言うほど役に立たないのでコンボしててくれないとあんま使えない…
難易度がイヴィルあたりでやると僕が爽快なコンボ決めてドヤ顔してる間に、味方が2名くらい倒れてることも会って困るw


正直こんくらいしか今回は荒い点は見つからなかった。
移動は世界観的に船がメインだし、街の数やMAP数も程よかったし、ダンジョンや街を移動できるアイテムもあって色々便利だった。

シナリオについては色々ありすぎてアレなんだけど、最後がキレイに終わったので文句はないです。
ベルベットうぜーーーと思うことが多かったけど、まぁメインキャラだしそれが主軸の物語なのでしょうがない。


結果的に、好きなテイルズ作品TOP10には入るかなーってくらいには満足しました。
アイゼンとエドナの関わりとか、エレノアのサブエピソード、マギルゥのサブエピソードをもっと楽しみたかったし、ぶっちゃけそっちのほうが楽しかったので重視してほしかったなぁ。

最後にもう一回、何故ライフィセットきゅんが男の子なんだ!
あと、ラスボスの子もどう見ても美少女にしか見えないよ…


といったところでアニメ版のTOZが高評価らしいので、そろそろ2クール終わるから見ようかと思います。
真の仲間()のアリーシャの茅野愛衣ちゃんがメインで活躍してるぽいし期待しよう。

では。

一応僕が買ったのはPS3版なのでこっちで。


  テイルズ オブ ベルセリア - PS3