アニメ放映は何度も見返すほど大好きなアクセル・ワールドが劇場アニメ化されるということで
早速、新宿ピカデリーで観てきましたよっと。

ただ、あまりの酷さに終始ポカーンとしたまま終わってしまったので軽く紹介だけで・・・。


僕はかれこれずっと思い続けていて、ついにアルペジオアニメの時にブチ切れたんだけど

「総集編を劇場版アニメにする(と呼ぶ)のはやめないか?」


ってことです。

まず初見を配慮する必要はない(何故なら見に行く層なんて限られているし求めているのはそれではない)
大体がTVアニメを見てるかBDなりでおさらいしてるはずだからさ。
やってもせいぜい冒頭5分程度で世界の仕組みとか個別キャラ紹介する程度でいいんだよ。
無駄な尺稼ぎはいらない、新規カットとかも全くいらない。

まどマギとかさ、タイバニとかさ・・・グレンラガンとかさ、あげればキリないんだけど
とにかく新作を期待してる人にしてみればほんと無駄な金無駄な時間なわけよ。
それならいっそ、でかいスクリーンで1話から12話ぶっ通しのほうがいいよ。


と話が止まらなくなるので劇場版アクセル・ワールドの感想。



アクセル・ワールド   Accel World

 

事前情報をあまり集めてなかったのが不幸を招いたかもしれないし、もしかしたら原作を読んでいたら良かったのかもしれないなと感じています。

・アニメ映画によくある1時間くらい総集編(しかも雑切り)
・後半30分?くらいがやっと新作部分
・しかし、TVアニメ版で出てこなかった新キャラや設定が出てきて全くついていけない
・更に前半の総集編のしわ寄せがきたかのように、後半の駆け足っぷりときたら・・・


某ソードマスターヤマト大先生の

「うわー俺には生き別れた妹がいた気がするがそんなことはなかったぜ!」

「ふふふ、わしは5回刺されたら死ぬがそんな設定はなかったぜ!」

「いくぞ!皆の力を一つにして!オレたちの戦いはこれからだ!」

いや本当にこういう終わり方なんですよ。

一番盛り上がるはずの、劇場版専用ボスと戦うシーンなんてほとんど描写はないし、ラスボス倒すのもあっさりしてるし、なんかよくわからないけど救われた子がいてよかった良かった的な。

あ、一応見てよかったなってのは

・謎の巫女少女が可愛かった(新キャラです)
・本編で仲間になった主要メンバーが協力して戦っていた!
ニコ、ブラッド・レパード、アクア・カレントあたりがまさか共闘してくれるとは。
・スカイ・レイカーさん(倉崎楓子)が可愛かった!動いてた!戦って活躍してた!


thumb_7d19a2d2


スカイ・レイカーさんこと師匠は、本編でも重要なポジションの子で黒雪姫先輩と同じ3年です。
おっとり系と思わせてなかなかのスパルタで、主人公のシルバー・クロウにも容赦無い指導したりとかw

まぁ楓子さんのために見に行くのはありかもしれないね、たった30分のうちの3~5分程度だけどw

ついでにおまけで劇場版あるあるの今まで敵だったやつらも一緒に戦うお約束もあったよ!
各レギオンの王が終結して一緒に戦ってた、残り10分程度だけど。

そんな人生を最速で駆けていく世界にふさわしい劇場版の内容でした。
こんなクソ映画作ってる暇あるなら、早く2期こないかなー、ずっと待ってるよ角川さん。



あ、忘れてたけどOP/ED曲でオバマは来なかったです