さて、これもまた12月の話ですが、映画の三銃士を観てきました。

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト 3D・2D大ヒット公開中!
http://34.gaga.ne.jp/


t_AUT201108120057
 

三銃士は原作がいくつか出ており、さらに映画としても既にあったりします。
そのうちの原作の一つをアレンジした作品らしいです。

三銃士原作といえば、自分は小学校5年の時に入院していたのですが
その際にじいちゃんに毎日読んでもらっていたその原作がまさかの3D映画化。
毎日聞かされては、単調な話し手のじいちゃんの声が心地よくていつも眠ってた思い出の作品。
 
時間が経ってしまったので詳しく書けないのですが、迫力は満点でした。
これこそ劇場で見るべきアクション映画という感じ。

しかも、初3D映画視聴で3Dメガネかけてみました!!
体感としては、おおぉぉ?!ちょっと浮き出て見える!
奥行きがあってなんか見える!
本当に終始こんな状態で、 一緒に見た子も初3Dだったらしく感動して
見終わった後も、すげーすげー言ってましたw

内容としては、本当に本編をそのままなぞりつつ、ネックレスを取り返すあたりの話に
飛空船が出てきたりとだいぶファンタジー色が強くなってます。
ダルタニアンとか名前聞くだけで懐かしすぎて涙出そうだった。
 
戦闘シーンがメインで、これはいいアレンジリメイクだったなーと。
飛空船などの現代でも存在しないものに対しては賛否両論かもしれないけど
自分はこういう作品はキライじゃないです。

そして、終わりはまさかの・・・

「僕らの戦いはこれからだ!」 END
 
思いっきり続編予感させるやんかww
まぁ、パイレーツオブカリビアンもそうだったししょうがない。

そんなわけで、3D映画は酔うことを心配してたけどそんなこともなく
コンタクトでいったから、メガネonメガネにならずにすんだので快適に見れました。
また、3D映画観に行くならアクションがいいなーと思う。