不具合というより、接続出来ないなどの場合の対策です。

順調に終わったかのように見えたWHS初期設定ですが、相当裏では色々なことを検索していました。
実際に使えるようになるまでに半日以上を要しているわけです。
今回は時系列無視ですが、困った箇所をポイントで紹介していくので参考にしてください。

■そもそも、サーバーに接続出来ない!(自動検出出来ない)

まぁここで躓く人多そうなのでいくつか心当たりがありそうな点をあげていくと

  • ルーターを利用しており、ポート解放(NAT変換)なるものをしていない
  • そもそも、DHCPできちんとWHSにローカルIPアドレスが割り振られているか?
  • Windowsマシンでセキュリティソフトをいれており、Firewallの設定をしてない
  • Windows側で必要なサービスが動いていない

だいたいこのあたりだと思います。

まずは、ルーターの設定から。
最近のルーターは賢いのである程度は自動でやってくれたり、UPnP機能があるので
特に明示的に何かをしなくてもたいていなんとかなるのですが、たとえばXPや7のマシンに
外部からアクセスがある場合に挙動させたいアプリを入れていると明示的にポートの接続が必要となります。
このあたりはルーターごとによってもローカルのLAN環境によって異なるのでうまいこと探してくださいw

ちなみに自分もポート解放の存在を久々すぎて忘れており、ずっとリモートアクセスなどの
接続が出来なくてサポート見て思い出した。


ルーターでNAT変換してやったらすぐ治った/(^o^)\


次に、WindowsのFireWall設定。
これもぶっちゃけメーカーに聞いてくれって感じですが、たとえば右下のアラートがでたさいに
きちんと許可したり、ウイルスや不正アクセスだと思われないように例外に入れたりが必要です。

そして最後にWindowsのサービス確認
これかなり重要で、自分のXPはかなりカスタマイズした状態で不要なサービスやアプリケーションは
極力削除or停止状態で動かしているのではまりました。

まず、WHSのコンソールのadd-inではカバーしきれないようなアプリのインストールや
細かいpc設定などはリモートデスクトップ接続しないとダメです。
その為には、リモートアクセスようのサービスが必要になります。
調べた結果、下記が動いていれば大丈夫。

computer Browser
・Worksttion
・Server

hp_server_07



これらを自動(再開)に設定することでサービスはOK。


次にコンパネから、ネットワーク接続からローカルエリア接続プロパティを開く。
インターネットプロトコル(TCP/IP)の詳細→WINS内の「NetBIOS TCP/IPを有効にする」

hp_server_06


これで、WHS内で共有したフォルダを、まるでローカルにある通常のフォルダのように扱えます。
ここが見落としがちなので注意してください。

と調査しまくった結果がこのあたりでした。
実際に検索したサイトを失念してしまったのが痛いですが、詰まった方はこのあたりの単語などを
参考にぐぐってみてください。

次は、アドイン(add-in )編です!