さてさて、前回のエントリーでさくっと設置出来たことに意気揚々とOSインストールするかー
と取り掛かり始めたところ・・

あれ、既にインストール終わってる?

伝え忘れていましたが、実はこの機種、自社のイベントでサンプルしたもので
試用期間が過ぎて戻ってきたやつなんです。
それを会社で買い取った?数台あるうちの1台を会社からお借りしている状態w

元々そうなのかわからないですが、OSは不要で電源を入れたらすぐに動きました。
なので、リカバリーする際まで手順はかけませんがたいていはCDからの指示通りで
問題なくできると思います(サーバー使ってる時点でこれくらいは余裕ですよねw)

次に付属のCDからSmart Media Server用ソフトウエアのインストールです。

hp_server_02



CD起動すると勝手にナビゲーションがはじまり、現在使用しているPCに
WHSをリモート操作するためのアプリケーション群がインストールされていきます。

hp_server_01


このへんは見慣れたWindowsのインストーラーと同じですね。


道中の細かい設定やインストール方法については

Apple製品との連携がすごいWHS 第2回 -初期設定編- | Apple World

こちらの記事あたりを参考にしてください。

さて、全てが終わるとコンソール画面が立ち上がります。
ここからが全てのはじまり。

hp_server_05


自分で決めたパスワードでログインすると・・・
ようこそ!Smart Media Serverへ!

hp_server_04


これでぶっちゃけ使う準備はほぼ終わりですが、実はここまでに困ったことが多く出たので
それを載せたいと思います。