愚痴タイトルに見えているかもしれないし、じゃあ何故仕事してるんだ?
という感じかもしれないがずっと書きたかったエントリー。

1_1_2008-12-12_17-33-22


いきなりネガなタイトルですが、実は専門に通っていた頃から感じていたことです。

昔からプログラムのロジックだとか処理の考え方が効率が悪かった。
俺は専門出身ですが、当時、同学年に優秀な人が2人いました。
彼らがたった数行のコードで作れるところを俺は効率悪い処理を何十行も書いてたりした。
結果的に動く処理は変わらないが、その無駄な時間に他のことを彼は進めていた。

もちろん俺は他の生徒と比較すればなんら普通だろうし、むしろ成績はいいほうだった。
ただ、理論だてて処理を組めたりどこが原因でどの処理をすると最適なのかなどを素早く理解し
反映させることが出来る人間とそうでない人間の差。
この時点で漠然とだが、理数強い人間でプログラマー向きな思考力ってあるなと思っていた。

なんだかんだで、卒業しゲーム会社へ入社出来た。
会社に入ってまず思ったのは、
俺はエンジニア向いてない
先輩がすごすぎて、はっきり言って何しているか理解出来なかった。
尊敬している先輩と、ちょっと苦手な先輩がいたけど、そのどちらも技術力はすごかった。

経験の差や社会人生活が短いというのもあるが、いかんせん俺の仕事出来なさに絶望した。
きっと即戦力を求めていたのだろうなという気持ちが言わずとも伝わってきており
上司や専務からのガッカリ感がひどかった。
同僚や先輩はそんなこと気にせず、楽しくやろうと言ってくれて泣いたのを覚えている。

そしてこの会社を退社後、一番の問題で自分でも無駄な時間だったなと思う時期がきた。

フリーター

誤解を招くといけないので書いておくと、しっかりとした会社で技術や経験を積んでいるなら
フリーターだろうがなんだろうが別にいいと思う。
しかし、俺はネトゲにはまり3年ほどを本当に言葉通り棒に振り、怠惰に過ごしてしまった。
週3~4程度の楽な仕事、残業もほぼない。

就職氷河期にゲーム会社・・・しかも1年ほどで退社しており社会人経験もほぼ皆無。
こんな人間を正社員として雇おうと思う会社もないだろうし、俺も雇いたくない。
ただでさえ、エンジニア的思考がなかったうえに、この3年のブランク。。。
サーバー技術やネットワークの仕組みなどは勉強になったが、所詮こんなものはネットや書籍で
事足りるレベルの話である。

そんな俺もこのままじゃいけないと、必死に未経験OKな元プログラマー募集な会社を探した。
やっと見つけたのが前の会社。
色々言いたいことや書きたいことはあるが、ネット上なので誰が見ているかわからぬゆえ
良かったことだけ書きたいと思う。

結果的に言うと、「プログラム楽しい!」という結論になれたのが良かった。
嫌気がさすほどプログラマーなりたくなかった時期があったけど、PHPやWeb技術に出会えて
簡単に楽しい動きが出るモノを創りだすことが出来るようになってから世界が変わった。

実際に使うのは社内の人間で、依頼された仕組みを試行錯誤しながら組み立てて動いた瞬間に
以前は感じなかった楽しさを覚えた。
同時に、使ってくれている人のフィードバックが直接くるのでモチベにも繋がった。

更に紆余曲折あり、今の会社に至り、また周りとのレベル差を感じている。
サーバーだけでなくプログラムにも詳しい先輩、同じ年齢だけど幾つものサービスを
運営しており、そのままサービス化するほどの先輩。
俗にいう、単独で何でも出来るスペシャリストが揃っている会社だった。

俺は面接ではある程度口でカバー出来る人間だったので、うまいこと採用してもらったが
有名な人との繋がりが強い会社なので、正直俺より良い人材なんていくらでも取れたんだろうなと
考えるとこころ苦しくもあり、まだ会社に対して何も恩恵を返せていないことも辛い。

ただ、最初の会社と違うのは仕事が楽しく、同じチームの先輩たちと頑張っていこうと思えている点。
そしてあの頃の自分には戻りたくないという気持ちと、技術力を高めるだけでなく、自分の味を出せる
エンジニアになっていきたいという気持ち。

きっと二人の先輩には真似出来ない部分ってあるはずだと思っている。
それは最初の辛かったゲーム会社で培った発想や技術や、専門時代の経験など。
もちろん、これは勝負の話ではなく、システムやサービスの構築の仕方などでだけどね。
技術的には負けているのは明らかだし、むしろいつも助けてもらっていて感謝でいっぱい。
だから二人に追いつけるよう日々勉強しながら仕事して遅れを取り戻すようにしてる。

向いていないと考えるのではなく、自分に出来ることをゆっくりでいいから頑張れば
出遅れてしまったけど、きっと楽しい「何か」が実現できると信じている。

ここでタイトルの後に、
だけど、今はこの仕事を続けていてよかった
と付け加えたいと思う。

頑張っていきたいという気持ちを自分の社会人生活を振り返って書いてみた。
長文読むのお疲れさまでした。

プログラム以外、俺なんも仕事出来ないしね!